アップグレードの際の注意点

アップグレードの方法は、主に次の3つのやり方があります。それぞれのアップグレード方法について特徴や注意点を解説します。

  1. 自動アップグレード・一括更新アップグレード
    自動アップグレードや一括更新アップグレードは、プラグインの「停止→削除→インストール→有効化」を自動でやってくれるWordPressの機能です。この方法は大変便利ですが、Welcartを有効化したままこれらのアップグレード方法を取るとデータベースが更新されません。Welcartを自動アップグレードする場合は、Welcartを一旦停止してから行うようにしてください。停止せずに自動アップグレードを行ってしまった場合は、「停止→再有効化」することでデータベースは更新されます。
     
  2. 管理パネルから圧縮ファイルをアップロードしてインストール
    この方法は、ダウンロードした最新版の圧縮ファイルを、管理パネル「プラグイン 新規追加」画面からアップロードしてインストールする方法です。アップロードの前にWelcartを停止・削除しておく必要があります。
    旧バージョンを削除せず別名にして残しておくことで、万が一の時のダウングレードがやりやすくなります。念入りなアップグレードを行いたい場合はこちらをお勧めします。
    参考記事「安全なアップグレードの方法を教えてください。」
     
  3. FTPクライアントなどを使ってファイルをアップロードしてインストール
    これは2.の方法とよく似ていますが、最新版の圧縮ファイルを解凍してFTPクライアントを使ってアップロードするところが異なる点です。この方法はアップロードの際ファイルの取りこぼしが起こる可能性があり、不具合の原因にもなりますのでお勧めしません。

いずれの方法を採用しても、アップグレードの前には必ずデーターベースのバックアップを取ることを忘れないようお願いいたします。

安全なアップグレードの方法を教えてください。

公開中のショップでは自動アップグレードを行わず、万が一の時に後でダウングレードができるよう、次の手順でアップグレードすることをお勧めいたします。

アップグレードの方法

  1. Welcart の最新版をダウンロードする
  2. Welcart を停止する
  3. WP-DB-Backup などのデータベースバックアッププラグインを利用してデータベースのバックアップをとる
  4. Welcart のディレクトリ名を変更する(例:usc-e-shop → usc-e-shop_old)
  5. ダウンロードしたファイルをアップロードしてインストールする
    この時、FTPは利用せずに管理パネルのプラグイン新規追加画面よりダウンロードした圧縮ファイルをそのままアップロードする
  6. Welcartを有効化する

ダウングレードの方法

  1. Welcart を停止、削除する
  2. phpMyAdmin とバックアップファイルを使ってデータベースを元に戻す
    この作業は、今回のアップグレードでデータ構造の変更があった場合や、データが壊れてしまった場合以外は行う必要はありません。
  3. Welcart のディレクトリ名を元に戻す(例:usc-e-shop_old → usc-e-shop)
  4. Welcart を有効化する