PHP のエラーログを出力するにはどうしたら良いですか?

PHP のエラーログを出力する方法は次の通りです。
次の設定方法のうちいずれか一つ有効な方法で設定を行ってください。

ini_set を追加する

wp-config.php に以下のコードを追加してください。

if (!ini_get('log_errors')) {
    ini_set( "log_errors", "On" );
    ini_set( "error_log", "/home/user1/public_html/php.log" );
}

※ error_log のパスはご利用の環境によって異なります。

htaccess を編集する

.htaccess に以下のコードを追加することでエラーログを生成することができます。

php_flag log_errors On
php_value error_log /home/user1/public_html/php.log

※ error_log のパスはご利用環境によって異なります。

php.ini を編集する

php.ini を編集するのが一番確実な方法です。

log_errors = On
error_log = "/home/user1/public_html/php.log"

※ error_log のパスはご利用の環境によって異なります。

PHP のエラーメッセージを表示するにはどうしたら良いですか?

PHP のエラーメッセージを表示する方法は次の通りです。
次の設定方法のうちいずれか一つ、有効な方法で設定を行ってください。

ただし、公開しているサイトでは、エラーメッセージが見えてしまうのはセキュリティー上よろしくありませんので、確認したらまたすぐに元に戻しましょう。
もしくは、PHP エラーログを残してそちらを確認するようにするとよいかと思います。

WordPress のデバッグモードをオンにする

wp-config.php のWP_DEBUG をtrue にするとエラーメッセージが表示されるようになります。

define('WP_DEBUG', true);

デバッグモードをオンにした時に、関係のないNotice まで表示されてしまいエラーの特定が難しい場合は、次の方法を試してみてください。

ini_set を追加する

wp-config.php のWP_DEBUG はfalse にして、変わりに以下のコードを追加してください。

if (!ini_get('display_errors')) {
    error_reporting(E_ALL ^ E_NOTICE);
    ini_set('display_errors', 1);
}

ini_set でうまく表示できない場合は次の方法を試してみてください。

htaccess を編集する

.htaccess に次のコードを追加することでエラーメッセージを表示させることができます。

php_flag display_errors 'On'

php.ini を編集する

php.ini を編集するのが一番確実な方法です。

error_reporting  =  E_ALL & ~E_NOTICE
display_errors = On

画面が真っ白で何も表示されない。

画面が真っ白になってしまうのは、どこかに致命的なエラーが存在するためです。
エラーメッセージの表示がオフ状態で致命的なエラーが発生した場合、画面にはエラーメッセージが表示されないので画面は真っ白になります。
どの様なエラーが出ているかを確認して対処する必要があります。