usces_tax_label() / 表示系関数

税額欄のラベル「消費税」を表示する

説明

フロントエンドでは、主に購入内容確認ページの税額の欄のラベルとして「消費税」と出力しています。
バックエンドでは、主に受注編集画面の税額の欄のラベルとして、フロントエンドと同じように「消費税」と出力していますが、$data(受注データ)を渡すことで、消費税区分が税込の場合は「内消費税(¥74)」の様に、内税額を表示します。

使い方

<?php usces_tax_label(); ?> <?php echo usces_tax_label( $data, $out ); ?>

パラメータ

data
配列) $usces->get_order_data($order_id) で取得できる受注データ。
初期値は NULL
out
文字列) 戻り値の出力を echo するか return するかを決める。
初期値は 空白(echo)。
  • 'return' - return する
  • 空白(引数無し) - echo する(初期値)

戻り値

(文字列)
第1引数に適正なデータが与えられた場合、税別の場合は「消費税」、税込の場合は「内消費税(¥74)」の様に内税額を出力する。
第1引数がNULLの場合は、常に「消費税」を出力する。

用例

global $usces; $data = $usces->get_order_data( $order_id ); echo usces_tax_label( $data, 'return' );

フック

変更履歴

  • 1.4 にて導入されました。

ソースファイル

usc-e-shop/functions/template_func.php

関連資料

  • usces_guid_tax() ・・・ 税込か税別かのガイドを表示する
  • usces_tax() ・・・ 購入に必要な消費税を出力する(フロントエンド)
  • usces_internal_tax() ・・・ 内税額を計算し表示する
  • $usces->get_order_data()