アップグレードの際の注意点

アップグレードの方法は、主に次の3つのやり方があります。それぞれのアップグレード方法について特徴や注意点を解説します。

  1. 自動アップグレード・一括更新アップグレード
    自動アップグレードや一括更新アップグレードは、プラグインの「停止→削除→インストール→有効化」を自動でやってくれるWordPressの機能です。この方法は大変便利ですが、Welcartを有効化したままこれらのアップグレード方法を取るとデータベースが更新されません。Welcartを自動アップグレードする場合は、Welcartを一旦停止してから行うようにしてください。停止せずに自動アップグレードを行ってしまった場合は、「停止→再有効化」することでデータベースは更新されます。
     
  2. 管理パネルから圧縮ファイルをアップロードしてインストール
    この方法は、ダウンロードした最新版の圧縮ファイルを、管理パネル「プラグイン 新規追加」画面からアップロードしてインストールする方法です。アップロードの前にWelcartを停止・削除しておく必要があります。
    旧バージョンを削除せず別名にして残しておくことで、万が一の時のダウングレードがやりやすくなります。念入りなアップグレードを行いたい場合はこちらをお勧めします。
    参考記事「安全なアップグレードの方法を教えてください。」
     
  3. FTPクライアントなどを使ってファイルをアップロードしてインストール
    これは2.の方法とよく似ていますが、最新版の圧縮ファイルを解凍してFTPクライアントを使ってアップロードするところが異なる点です。この方法はアップロードの際ファイルの取りこぼしが起こる可能性があり、不具合の原因にもなりますのでお勧めしません。

いずれの方法を採用しても、アップグレードの前には必ずデーターベースのバックアップを取ることを忘れないようお願いいたします。

メニューの変更方法

WordPressのカスタムメニューに対応しているテーマを利用している場合は、メインメニューやフッターメニューを管理画面から自由に設定することができます。Welcart専用テーマでは、メインメニューを「ヘッダー・ナビゲーション」、フッターメニューを「フッター・ナビゲーション」と呼んでいます。

初期状態で表示されているメインメニューは、未だヘッダー・ナビゲーションが登録されていないので、固定ページが自動的に表示されています。これを変更するには、管理パネルの「外観 – メニュー」に入り独自のメニューを登録設定します。

メニューを作成

メニュー設定初期画面

メニューが設定されていない状態の画面は右のようになっています。まずは「メニューの名前」を入力して「メニューを作成」ボタンを押します。
メニューの名前は自由に設定できます。メインメニューを作成する場合は「main_menu」などとします。

リンクを追加

まだリンクが追加されていない状態

次に、作成した「main_menu」にリンクを追加していきます。リンクは「カスタムリンク」、「固定ページ」、「カテゴリー」から選ぶことができます。

「カスタムリンク」は、URLと表示されるラベルを自由に設定できます。これを使うことで外部のページへのリンクをメニューとすることができます。

「固定ページ」は、投稿されている固定ページのリンクを追加します。追加したいページにチェックをつけて「メニューに追加」ボタンを押します。

「カテゴリー」は、登録されているカテゴリーのリンクを追加します。追加したいカテゴリーにチェックをつけて「メニューに追加」ボタンを押します。

リンクの並び替え

リンクを追加したところ

リンクの追加を行うと、右のように「main_menu」の中に追加したリンクのタイトルが表示されます。このタイトルをドラッグ&ドロップすることで自由に並び替えを行うことができます。
また、タイトルを少し右にずらすことで、ドロップダウン式のサブメニュー展開することができます。(サブメニュー展開するには、お使いのテーマが対応している必要があります。)

最後に必ず「メニューを保存」ボタンを押して設定を確定させます。

テーマの場所を設定

「テーマの場所」を選択

右の画面の「テーマの場所」ブロックには「ヘッダー・ナビゲーション」と「フッター・ナビゲーション」が見えますが、これはテーマによって異なります。

ヘッダー・ナビゲーションで、先ほど作成した「main_menu」を選択して「保存」ボタンを押します。

このようにして、「ヘッダー・ナビゲーション」エリア(メインメニュー)に、独自のメニューを構成して表示させることができます。
フッター・ナビゲーションもヘッダー・ナビゲーションと同じ構成であれば、同様に「main_menu」を選択することができます。違う構成にしたい場合は、新たにメニューを作成し、フッター・ナビゲーションに適用させることになります。

メニューが文字リンク形式なのか、ボタン形式なのかはテーマのスタイルによります。

Welcart をアップグレードするとテーマはどうなりますか?

Welcart をアップグレードしてもテーマが上書きされることはありません。

ただし、Welcart の仕様変更で、カートページなどのスタイルやテンプレートタグが変更される場合がありますので、アップグレードする際はWelcartコミュニティーで変更箇所をチェックしてください。

消費税の設定

Welcart Shop → 基本設定 (ショップ設定ブロック内)

消費税の設定




【消費税率】半角整数

内容確認画面

消費税率を1以上に設定すると、商品価格には「税別」と表示され、チェックアウト時の「内容確認」画面で消費税が計算され表示されます。

税込み表示

商品詳細ページ

消費税率を空白若しくは0に設定することで「税込」表示にする事ができます。

【税計算方法】
小数点以下のまるめ処理の方法を設定します。
※今のところ、小数点以下が含まれる海外通貨も同様の処理をしてしまいます。(v1.1)

footer.php テンプレートにwp_footer() が入っていない

wp_header() と同様wp_footer() テンプレートタグは必須です。ご利用のテーマ内のheader.php テンプレートパーツ にはwp_header()、footer.php テンプレートパーツにはwp_footer() テンプレートタグを設置してください。タグを挿入する位置は「Welcart Default テーマ」を参考にしてください。